無料ブログはココログ

zf,メキシコ

2011年3月 7日 (月)

VIVA! MEXICO!

メキシコ最後の日。

どっぷりキューバの雰囲気に呑まれたのと、早朝6時の便で睡眠不足だったのとで、
大通りをぼんやりしながらずっと歩いたり買い物したりしてた。


来た当初は、あれ、タコス期待していたほど美味しくないぞ、と思っていたのに、
最後となるとなぜだか恋しくなって、あちこちのお店でちょっとずつ味の違うのをいただく。



宿の近くにあるタコス屋。

Img_4235


たった1回行ったきりなのに名前を覚えてくれていて、
お腹いっぱいでもしっかり一人前食べちゃった。

Img_4239




メキシコは治安が悪いと聞いていて、
最初に着いたときはお腹が痛くなるほど緊張しながら空港タクシーに乗ったけれど、
朝4時にタクシーを拾っても、怖いという感情は出てこなかった。

最後にメキシコで出会ったタクシードライバーのオスカル。
ぼろぼろのタクシーで、予想してた値段の半分で空港まで連れていってくれました。

眠いな~って話してたら、マリアッチやサルサの音楽を静かに流してくれた。

Img_4243

毎回思う。その国で最後に会った人に恵まれると、
ますますその国が好きになっちゃう!!!




メキシコは本当に人と人との距離が近くなる国でした。
地元の人だけじゃなくて、そこを旅している人までもがその空気に入れちゃう感じ。

特に私は旅も終盤になって、あれが見たいこれが見たいというより
いろんな人に会いたいという気持ちが強かったから、
メキシコに来て素敵な人たちとの出会いがいっぱいあって、
来てよかったなぁって心の底から思う。

この出会いは、日本に帰ってもずっとずっと大切にしたいな。



みんなにお勧めしたい!

ラテンの国はめっちゃ楽しいよ。


2011年3月 6日 (日)

大事な報告

キューバから、メキシコシティに戻ってきました。



キューバは、思った以上に、渋く、味のある国だった。

その雰囲気にどっぷりどっぷりつかってきた。




まだぼんやりとしてそこから抜けきれてない感じ。




だから今は楽しめるかちょっと不安だけれど、

明日、ニューヨークに飛びます。





そしてちゃんとみんなに報告していなかったこと。



今週で旅は終わり!!!!!




3月12日に帰国します。



私は多分出発前とほとんど変わりません。

今まで通り遊んでね♪

2011年2月26日 (土)

あと二カ国

今、夜中の3時・・・

あと3時間後に宿を出て、キューバに行ってきます!!!




3月5日にまたメキシコシティに戻ってくる予定。


キューバはネット環境がほとんどないらしく、連絡取れなくなりますが、

元気に旅してくるので心配しないでください。




それでは、ちょっとだけおやすみなさ~い☆

2011年2月22日 (火)

メトロの中で

メキシコシティに戻ってきて、宿へと向かうメトロに乗った。

大きな荷物を抱えて腰を下ろすと


向こうのほうから床を這いつくばってやってくる男の子がいた。

10歳かそれくらいの。

手には靴磨き用のワックスを持ってた。



革靴を履いた人のところへいき

手でワックスを塗り、小さな真っ黒の布で靴を磨く。

そしてこんこんと膝をたたいて小銭をもらう。



床を這いながら、私の前を通り過ぎていきました。




音楽にあふれ、陽気で笑顔いっぱいの国。

それだけじゃないのはわかっている。




これまで働く子供たちをたくさん見てきたし、

目に光のない子供たちもたくさんいた。


でもなぜだか、今日は特別悲しい気持ちになった。




この男の子のために私ができることなんてない。



でもせめて、自分の周りにいる人を、本当に大切にしようと思った。

2011年2月20日 (日)

フルムーン

ロマンティックな街並みで有名なグアナファト。





Dsc_0389


ここでもまた、どんぴしゃ満月!!!



そしてメキシカン美女!

Dsc_0442

テキーラ!Img_3589




締めくくりはお決まりのアイス!

Dsc_0448

まとまりもなく書いてみる

早朝にグアナファトを出て、メキシコシティを経由し、テポストランという小さな町に来ました。



メキシコは治安の面で南米と同じくらい不安のあった国。

メキシコシティはタクシー強盗が頻発しているとか、銃が出回っているとか。


だから今回は慎重に慎重に、と日本人宿を予約していくことに。

で、運よく楽しい出会いに恵まれたのでした。


Img_3478

みんなそれぞれ違う人生の中でメキシコの旅へやってきて

こんな日本から遠く離れた場所で出会って、特別な時間を過ごす。

そういう貴重な瞬間に、私もいれてくれてありがとうって思います。

またどこかで会えるかどうかわからないけれど、限られた時間の中だからこそ、

ぐっと仲良くなれるのかもしれないなぁ。



小学校6年で私が転校するとき、クラスメイトの子がくれたメッセージを

こんなときにも思い出しちゃう。

「出会いがあるから別れがある。別れがあるから出会いがある。

 だから悲しむことは無用。」


小学生で、なんでこんな言葉が言えたんだろう。

大人になった今も、ぐっときます。




今までたくさんの人と会って、別れる度に寂しくなって。

でもまた新しい出会いがあって、楽しい旅が続いてきました。


今日久々に一人になって、いろいろ考えちゃった。




そうそう、で、メキシコはすごく怖いイメージがあったのに、

全然そんなことない。

みんながいい人なわけじゃないけれど、この国もあったかい人がたくさん。



だから一人になった後も、

あ、大丈夫だ。何があっても、何とかなる。

そう思えた。


Img_3622

メキシコシティのバスターミナルでトイレに行きたくなったとき、

荷物を見ていてくれないかと頼んだら、にこっと了承してくれた親子。

マリアとヘクター。

行き先もテポストランで同じで、バスの乗り換えのときもずっと一緒にいてくれ、

宿探しまでしてくれました。

彼らは日帰り旅行だったのだけど、バス停の前を通りかかったとき

シティへ戻る彼らとまた遭遇し、記念撮影。

お見送りしました。




Img_3610

ヘクターが言ってた。この町には不思議な力があるって。

まだほんのちょっとしか歩いていないけれど、この教会に入ったとき

わかった気がした。

ぐっと感情がこみ上げてきて、涙が出て。


それはたくさんの人の優しさからくるものなのかもしれないけどね。


Img_3620

2011年2月17日 (木)

HOLA!

びびりながらもメキシコシティへやってきました。



着いて早々、宿が一緒の人たちに誘ってもらって、

今日はテオティワカン遺跡へ!



じりじりと陽に照らされながら、太陽のピラミッドに登ってきましたよ!





メキシコも、いい出会いに恵まれて楽しくなりそうな予感です。

明日はまた近郊の街へ移動しまーす。