無料ブログはココログ

h,ポーランド

2010年7月14日 (水)

忘れてはいけないこと

クラクフ滞在中に訪れた、アウシュビッツ、ビルケナウ強制収容所


Img_1754

なかなか心の整理がつかず、書けないでいた。

見なければならないことだとは思っていたけれど、想像していた以上に辛くて、

いくつかの展示物は通りすごしてしまった。

それにすごくすごく疲れてしまって、旅自体、もう続けられないかなって思ってしまった程。

ビルケナウ強制収容所には、破壊されたバラックや焼却炉、

それにまだ内部に木枠のベッドが残されたバラックが、広大な土地に広がっている。

この日は天気が良くて空がきれいで、緑も気持ちよく生い茂っていて、

この場所で、そんなにおぞましいことが行われていたということを想像すると、

さらにその恐ろしさが増した。

Img_1771

150万人の人がここに収容され、110万人もの人がここで亡くなった。

その90%がユダヤ人。

その人々が乗せられてきた列車の線路に立った。

多くの人がここで自由を奪われ、二度と外に出ることができなかった。

Img_1761

Img_1776

私は、もちろんこの線路をつたって外に出ることができるし、

これからどこに行こうが何もかも自由。


宿に帰ってきてドミトリーのベッドに横になると、

いつも以上に他の人の物音や寝息が気になった。

収容所に入れられていた人たちは、大量の鼠の住む湿っぽいバラックの中で、

一つのベッドに2~3人の人がひしめきあって眠っていた。

洗うことの許されない薄い囚人服を着せられて。
Img_1773


壁に並べられていた、囚人たちの写真が目に焼きついて、今も残っている。

ちょっといろんなことを感じることに疲れたな。


だけど、翌朝になるとまた爽やかな空が広がっていて、

11時の時を知らすラッパの音が教会の塔の上から聴こえてきて、

みんなでそれを見上げる。

戦争を経験したであろうおじいさんが、アコーディオンを弾きながら幸せそうに歌っている。

それで、またエネルギーが沸いてきた。

ポーランドの人たちがこうやって立ち上がっているのだから、

私が凹んでいてもしょうがない。

見たこと、感じたことを、一生忘れないでいよう。

2010年7月12日 (月)

ワルシャワの休日

行ってきました、ショパン野外コンサート!

Img_1803

バラが咲く公園に、続々と人が集まってきます。

私も木陰の芝生に腰を下ろして、

Img_1801

お腹減ったとき用のバナナをいただきます。


鳥のさえずりや、風が木々を揺らす音が聞こえる中、

コンサートが始まりました。

Img_1809

ショパンの像の隣から、爽やかなピアノの音色が聴こえてきます。


だいたいみんなぼーっとしたり寝転んだりして、かなりリラックスした様子。

暖かくって、私もなんだかうとうと。

こうやって音楽を聴くことが、特別なことじゃなく生活の一部になってるのっていいなぁ。



コンサートの後は、みんなの後をついていって公園の中を散歩。


Img_1816

野放しの孔雀がいました。

うん、休日ってこういうのでいい。


Img_1826

ポーランドなら住めるかも!って最近思っているけど、

どうやらポーランド料理はあまり美味しくないのかも・・・

だから町中ケバブ屋さんだらけなの?



Img_1831

大統領官邸の前に、たくさんのお花とろうそくが。

ポーランドの大統領が、飛行機墜落事故で亡くなったというニュースを思い出しました。

国民に愛されていたのですね。

いつまでも、人が耐えませんでした。



Img_1835

前回雨で震えていた広場を、リベンジ!

今日は日曜ってこともあり、大賑わい。そしてここも音楽で溢れてました。

Img_1843

本日二個目のアイス。これで120円くらい。

下のキウイ味がうまかった!

しばらく物価の安い国を離れるから、いいよね。

Img_1860

Img_1868



Img_1875

彼の演奏がダントツで素晴らしかった。

情熱的なベートーベンの運命にしばし聞き惚れました。


Img_1887

ボタンを押すとショパンの曲が流れ出すベンチ



Img_1880

Img_1881_2

ワルシャワは第二次世界大戦のときに、街の80%が破壊されたと言います。

戦後、旧市街を含めた街の建物は、以前と同じように復元されたそうです。

もちろんビルの立ち並ぶ部分もあるけれど、

全てを新しくするのではなく、昔のままの形を残したいという心意気が、

素敵だと思いませんか。



やはり、私はポーランドは愛に満ち溢れた国だと思いました。




ここを離れがたくて、何度も旧市街の方を振り返りながら、宿へ帰りました。

こんなに好きになってしまうとは思わなかった。

また来たいな。


西ヨーロッパを周ったあと、また帰ってきてもいいなぁ。



日本に帰ってからの休日の過ごし方を妄想しながら、

ワルシャワの休日を満喫した一日でした。

Free beer ! Free pizza !!!

大盛り上がりのワールドカップが終了しました。

スペイン、おめでとーう!!!




昨日ワルシャワの宿に戻ってくると、ワールドカップ決勝の日は

Free beer free pizza だからみんだで観戦しようぜ!という張り紙が。

やったね!ただ飯happy02



しかも、今日散歩から戻ると宿の前庭に見慣れた顔が。


レナタさんだ~!


まだコンゴに行ってなかったんだね?

抱き合って再会を喜ぶ。



急いでシャワーを浴びてダイニングキッチンへ行くと、

レナタさんと顔馴染みのおじさんがテレビ前のソファ→ベストポジション

に座っていたため、お隣を失礼。




この宿こんなにたくさんの人が泊まってるんだ。

いつも広々と使っているダイニングキッチンに、40人は集まったかな。

インターナショナルな環境の中ワールドカップ観戦なんて、

これが最後かも!?


試合が始まってしばらくすると、大量のビールとピザが到着!

こりゃあうまいっsign03




レナタさんと同じ髪型の人がいるって理由で、スペインを応援。

長い長い試合、最後華麗なゴールが見られて最高の気分shine

熱狂しすぎて今若干ノドが痛いです・・・



ありがとう、ワールドカップ!

仮宿生活がだいぶ楽しくなりました♪

2010年7月 9日 (金)

芸術の国

ドイツ負けちゃって残念だなぁ。せっかくお隣にいたのに。



朝食付きで一泊約6ユーロのこの宿、みんなが見られるテレビがありません・・・

同じ部屋のオーストラリア人カップルが、ツインの空き部屋を拝借してサッカー観てたので、

私も便乗させてもらいました。

途中でフランス人のおっちゃんたちも入ってきて、やったっ。賑やかに観戦。

フランス人のデニスおじさんが、あと20分で試合が終わってしまうというのに、

汗をかきかき私たちの分もビール買ってきてくれて。

試合が終わっちゃってたことは気にしていないようでした。


みんなでキッチンで乾杯。

英語と ポーランド語と フランス語と 日本語で。

酔っ払ったデニスおじさん。

隣に座ってたポルトガルとスペイン人のカップルたちにも、

君たち、近くに寄りなさい、と若者たちを集め話始める。

一生懸命に英語で話すデニスおじさんの話を、これまたみんなで一生懸命聞いて、

家族になったみたいで面白かったな。

一人旅はときに寂しいけれど、宿での出会いが救いです。

クラクフの旧市街は、音楽や絵、ダンス、笑い・・・

芸術に溢れていました。

Img_1691

Img_1681

Img_1689

ソファをかついで、パフォーマーたちの前へ移動し続ける人たち


Img_1675

コインを入れると動き出す。

私は使わなくなったエストニアンマネーを入れました。ごめんね・・・



Img_1706


Img_1712

I'm bad  I'm bad ~♪


Img_1729

クラクフ駅前でも大盛り上がり


Img_1733
街のいたるところで、プレッツェルみたいなパンが売ってて、

私もかじりながら散歩。

素朴な味だけど、香ばしくて美味しい!

Img_1735



そして夜は、前日にチェックしていた教会のショパンコンサートに行ってきた!

学生です

って言ったらすんなり通してくれた。

約5ユーロでコンサートが聴けてしまうなんて、なんて贅沢!

Img_1748

ピアノではなくて、バイオリン、チェロ、コントラバスの5重奏って言うのかな?

音楽は詳しくないからよくわからないけれど、

教会独特のやわらかい響きで、厳かな感じも加わって、

こんなに気軽に音楽に触れられるのがとても幸せなことのように思いました。

ショパンの他にも、シューベルトやハイドン、バッハ、ビバルディなど、

どこかで聴き覚えのある曲ばかりだったから、すごい親しみやすかったな。




クラクフの旧市街は、これまた世界遺産に登録されていて、

連日観光客でいっぱい。

でも、クラクフに限らずポーランド全体に暖かい血が流れている気がして、

肩肘張らず、気張る必要もなく、心が安らぎます。

ポーランド、すごい気に入ってしまったみたい。

2010年7月 7日 (水)

朝も満腹

昨夜のウルグアイvsオランダ戦は、

宿でレナタさん、デンマーク人の男性と観戦。三人ともウルグアイを応援してたから残念。。

でも面白い試合だった!

もし今日の試合でドイツが勝ったら、決勝が行われる日曜日にドイツへ向かってしまおうか。

やっぱ現地は相当盛り上がるよね!?めっちゃ楽しそうだな~

でもその日はお昼にショパンコンサートがあるからね。

バスも電車も時間がかかるから、ちょうどいい飛行機があればひとっ飛びしてしまおう!


Img_1670

レナタさん。

コンゴにいる彼と携帯で話しているとき私にも携帯を渡してきて、

なぜかレナタさんの彼と会話してしまいました。

いつか僕とワイフでジャパンに行くよ~、はっはー!

と豪快。

夜中に寝ているとき、何度もレナタさんの携帯が鳴る。

英語で話しているときは彼なのかな?

ポーランド語で話しているときは涙声になったり怒り口調になったり。

家族からなのかなぁ。なにせ今日コンゴに行って結婚式挙げるんだもんね。

娘さんたちは賛成しているって言ってたけど、障害が多いのかもしれません。

とにかく情熱的な人でした。



ワルシャワの街はというと・・・

昨日はあいにくの雨。

ばっちり日焼け止めを塗っていったのに、めっちゃ寒かった!

Img_1645


オープンカフェも店じまい?

Img_1666

雨宿りで入った教会で、神父さんのお言葉を聴く。


Img_1656

デリーにて300円で購入したストールが大活躍!

今までも何度か雨に降られたけれど、昨日はじとじと雨で肌もべとっとして、

あー日本の梅雨もこんな感じだったな。と懐かしくなりました。



ぶるぶる震えながら宿へと戻る途中、セール中の洋服屋さんをのぞく。

ビーサン買っちゃったー!

今のもまだ使えるけど、ところどころ剥げてて

これでパリの街を歩くのもなぁ、と思ってたんだよね。500円だしいいよね。

インドであらゆるうんちを踏みまくったし。


安いしかわいいし、物欲に火がついてしまいそう!

荷物増やせないけど、たまにはかわいい服も着たい!

スーパーでは大好きなズッキーニを見つけたので、

夕食は具沢山パスタ♪

Img_1668

うーん、食欲やばいなぁ。




今日はこれからクラクフに向かいます。

なんとクラクフの宿は6ユーロ以下!ドミトリーだけど、インドと変わんないじゃん!

電車の乗り方がわかんなくてドキドキ。

無事着きますように!

3,4日したらまたワルシャワに帰ってきまーす。

2010年7月 5日 (月)

東欧南下中!

ヴィリニュスから夜行バスで9時間、ポーランドのワルシャワへやってきました!

そして着いて早々、ポーランドに一週間滞在することに決めちゃった。

ワルシャワで私が楽しみにしていたこと、

それはショパンピアノコンサート!

2010年はショパンの生誕200周年。

各国で記念イベントをやっているみたいで、

でもやっぱりショパンが生まれ育ったワルシャワで味わいたいもんね。

もともとショパンがものすごく好き!ってわけじゃないけど、

ミーハー気分で出発前から楽しみにしていたのでした。


ただ、なんの情報収集もしていなかったため、まずは駅のツーリストインフォへ。

うん、お姉ちゃん感じいいね!

これ、ものすごく重要。


記念の年だから連日お祭りのように何かやってるだろうと思っていたら、

得られた情報は

夏季の通年行事、野外コンサートは毎日曜日にやってるよ

ってことでした。


うーん、今日月曜日じゃん!一週間待たなきゃかぁ。

やっぱり昨日来れたらよかったのになぁ。

でも、野外コンサート行きたいなぁ。なんといってもタダだし!

10分ほど迷った挙句、自分の欲望を信じ、日曜日を待つことにしました。

インフォのお姉ちゃんも感じよかったしね。

本当はワルシャワ→クラクフ→ドイツのどこか→パリ

と移動するつもりでしたが、クラクフに今週中に行って、またワルシャワに帰ってこようと

思います。


そして今夜の宿。

またまたレセプションの女の子たちがかわいくて感じよくて、

一泊しか予約してなかったけど、ワルシャワ滞在中はずっとここでいいや!

と延泊決定。

だいたいどこの宿も一泊だけ予約しといて、あんまり好きじゃなかったら

別の宿に移ったりしてたから、こういう宿にあたると嬉しいものです。

12ベッドのドミの部屋に入ると、裸姿のおばちゃんが!

おっと失礼しました。

すごくすごくフレンドリーなおばちゃんで、お互いつたない英語なんだけど

すぐに仲良くなりました。

46歳のポーランド人レナタさん。

バツイチで娘さんが二人いるのだけど、なんとコンゴ人の男性と結婚するため、

明日コンゴへと向かうらしい!

彼の家族は誰も英語を話さないのに、どうしましょうね、私クレイジーよね、

と言って頭をかかえる彼女がとてもかわいかった。

私が一年の旅をしていることを伝えると、

あなたもクレイジーね、と言われてしまったけど。

今夜は楽しそうだな。


あ、でも悔しいことが一つ。

さっき買ってきたばかりの牛乳飲まれたー!!!

まだ開封してなかったのに。ちゃんと名前も書いたのに。

きっとさっきピザを食べてた女の子たちに違いない。

コーヒーの中に入れたんでしょう!?

あ~悔しい。

油断なりませんね。