無料ブログはココログ

f,ラトヴィア

2010年7月 2日 (金)

Friendly Fun Franks!

というのは今夜の宿の名前。

着いた瞬間、ウェルカムシャンパンでお出迎え!

Img_1421

これで6ユーロ以下だからね。激安!

宿の一角にバーがあって、バックパッカーたちが集まる。



ヘルシンキ、タリンの宿で一緒だったおじさんに、

「リガは数年前、最も危険な街の一つだった」

という話を聞いてかなりびびっていたのに、

シャンパンで顔を真っ赤にして街へ出る。全く気をつけられません!



Img_1427


タリンの旧市街を歩く人はほとんどが観光客だったけど、

リガの旧市街では、生活の匂いを感じられる。

Img_1437

Img_1438

Img_1440

お花を買っていく人がいっぱい。

なんだろ?なにかイベントがあるのかな?

それとも、ラトヴィアではどこの家でもお花を飾るのが当たり前なのかしら。

気になってきれいなお姉さんの後をついていくと、

みなさん大学の中に入っていきました。

Img_1446

今日は大学の卒業式なんだって。

なるほど~

Img_1449

それにしても、リガにはモデル級の美人がいっぱい!

みんな脚がきれい なの。


Img_1442


旧市街には教会がいくつもあって、がんばってまわってみた。

教会の中に入ると急にひんやりとした空気になって、身が引きしまる。


祈りを捧げる人々は、どんなことを思っているのだろう?

戦争の時代には、きっともっとたくさんの人が教会に集まったに違いない。

こんなにも多くの教会が必要だったのか・・・



ラトヴィアの戦争の歴史ミュージアムにも行ってみた。

当時使用されていた兵器や軍服、写真、手紙。

世界一周の計画を立てる前は、正直ラトヴィアという国を知らなかった。

もちろんどこにあるのかも。


何も知らないということを、とても恥ずかしく思った。


Img_1448

フリーダムモニュメント





Img_1478

なんだこの人だかり!?


Img_1481

警官に囲まれる。


ヒトラーのTシャツを着ている人たちがいた。

ここ、リガにはシナゴーグもいくつかある。



時間ができたら、勉強しよう。




移動続きで肩がこりまくりですが、明日もバスで次の街行きます!