無料ブログはココログ

d.フィンランド

2010年6月29日 (火)

転機

旅に出てから、今日で一ヶ月になりました。

ここまで、特に怖い思いもせず、体調も崩さず元気にやってこれて本当によかった。

まだまだ旅は続きますが、

みんなからのコメントやメールにいつも励まされて、こまで来れたのだと思います。

ありがとう。




実はフィンランドに来てから、旅に対するテンションが急激に下がりました。

どこもかしこも、そりゃあもうキシリトールみたいに爽やかで気持ちいいし、

騙されることもないし、

トイレもきれいでいつでもホットシャワーで快適なんだけど。

何か物足りなくて、つまらない。

サンタ村もムーミンも特に興味はなかったんだけど、

せっかくここまで来たし、サンタさんに会いに行けばよかったかな。とちょっと後悔。

インドから北欧に来たら、どんなに感激するだろう!?って

すごく楽しみにしてたのに、なぜか心が動かない。

空が低くて日照時間が長いから、ここでも日焼けはするし、

めっちゃ乾燥してるから、全身かぴかぴ

Img_1128

カトマンドゥで購入した200円くらいのボディクリームを、何度塗り重ねてもかぴかぴ



昨日滞在したラッペンランタという町で、

本当にすることがなくて、早くヨーロッパを抜けたい気持ちになって、

湖のそばだというのに、一枚も湖の写真を撮ることはなかった。

やけになって唯一とったのがこれ。

Img_1243

そして今日ヘルシンキに戻ってきました。

駅を出て街が人々でにぎわっているのにびっくり

だって、3日前はこんな感じだった。

Img_1124

ちょうどmidsummerの時期にあたって、

地元の人は休暇に行っちゃうし、お店も閉まっていて、閑散としていた。

でも今日は音楽で溢れ、

オープンカフェや広場には短い夏を楽しまなくっちゃ!って人々の活気を感じる。

Img_1274


Img_1266

船上で優雅にお食事する人も。


私は10キロあるバックパックを背負って、3時間ぶらぶら歩き。

Img_1259

Img_1271

元老院広場では何かのイベントをやっているらしく、若者たちの行列が。

フィンランド語はさっぱり読めない。

Img_1270


明日乗る予定の、タリン行きのフェリー乗り場もチェックして、宿へと向かう。

歩きながら、だんだん旅の意欲がわいてきた。


うん。やっぱり動かないとだめだ。

それに、人がいないとつまんない。



前回もお世話になったホステルの部屋に入ると、かわいい女の子が。

瞳が茶色くて、中東あたりの子かな?と思ったら日本人の子だった。

絵里子ちゃん24歳。

話を聞くと、なんと中南米だけで1年半旅してきたらしい。

そして、これからヨーロッパ、アフリカ、中東、アジアを1年半。

細い体で20キロを超える荷物を背負って、なんてたくましいんだろう。


一緒に簡単な夕飯を作って、ご飯を食べながらいろんな話を聞いた。

インドのブッダガヤーで、友達と一緒に学校を作ったこと。

ペルーではアクセサリー作りの師匠のところに一ヶ月滞在して、

旅をしながらアクセサリーを作り、それを売って旅費の足しにしていること。

17歳のときから何度も長期の旅に出ていること。

いろんな国で友達ができて、その人たちを訪ねていく話、

将来はカフェを開きたくて、世界各国のコーヒーを集めるため、

いろんな農場を自分の目で見て、契約をしていること。

そしてその店の隣に民芸品屋さんも開いて、自分や師匠の作ったアクセサリーを売りたい

ということ。

「そしたら師匠の生活も助けられるじゃない?」

とキラキラした笑顔で話していた。



絵里子ちゃん、年は2こ下だけど、旅の先輩って感じだった。

インドを旅して少しはたくましくなった気でいたけど、まだまだ甘いなぁ、私。


でも、絵里子ちゃんのおかげで先に待っている国がとても楽しみになった!

こんな風に、人にエネルギーを与える人ってすごい。


世界にある美しいものを、この目で見たい。



それが私が旅に出る目的だった。
だけど、もっと他に何かを得たいと思った。



「旅を続けていれば何か見えてくるよ。」

という絵里子ちゃんの言葉を信じて、進みます。



明日は、4カ国目、エストニアへ。









2010年6月27日 (日)

快適宿にて

ヘルシンキから電車で約4時間、

サヴォンリンナという湖に囲まれた町にやってきました。



朝はどんより曇っていたけれど、電車を下りると運よく晴れ間が広がっていた。

やっぱり青空が見えないとテンション上がらないな~。


今フィンランドはmidsummerという最も重要なfestivalの時期らしく、

(日本のお正月のようなもので、家族みんなで出かけたりするらしい)

お店はほとんど閉まっていて、バスも運行しておらず・・・

電車代だけでも高いのに、駅からhostelまでタクシーで18ユーロもかかってしまった。

うーん。かなり痛い出費!

明日もバスないらしいし。




それでも、この夏の時期に来れて本当に良かったなって思う。

肌で感じる空気がさらっとしていて爽やかで、静かで、心が落ち着く感じ。

Img_1148

私は白樺の木が好き。

Img_1153

hostelからバスローブを着て、サウナに向かうおばちゃんたち。



散歩に出かけようとすると、一人の女の子に日本人ですか?と声をかけられる。

Img_1163_2

彼女の名前はアニヤ。ロシアの子供たちが、なんとかスクールとかやらで、

二週間ほど同じhostelに泊まっているらしい。

アニヤは日本のアニメやドラマが大好きで、飛び跳ねて興奮しながら話してくれた。

小栗旬や松本潤も好きなんだって~。

そんな縁で仲良くなれるなんて嬉しいなあ。


Img_1159

なんちゃらスクールの今日のスケジュール。

Miss Savonlinna が気になって、見てもいい?って聞いたらオッケーだって!

先生の許可は取ってないけど、勝手に潜入。


可愛い女の子たちが、踊ったり先生の質問に答えたり、泣いてる子供をどうやってなだめ

るかの演技をしたりして、男性陣が真剣に審査。

アニヤが先生たちの話すロシア語を、一生懸命英語で訳してくれた。


Img_1177

暗くて良く見えないなぁ。

このバニーちゃんがセクシーで可愛かったheart


Img_1182

Miss Savonlinnaの座をかけて、ポーズを決める女の子たち。


Img_1184


集合写真にも勝手に参加note


Img_1185

真ん中の子は13歳。私よりも背が高くて、大人っぽいよ~

みんなセーラームーンが好きなんだって!



Img_1188

先生たち、のりすぎでしょう!? 

Img_1192


コンテストが終わった後、先生同士でセクシーポーズを撮り合ってて、

私も便乗。

納得のいくまで撮らされた・・・



こんなところでロシアの子達と触れ合えるなんて、思ってもみなかった。

でも、フィンランドとロシアはお隣同士なんだよね。


フロントのユーホ君は、6ヶ月の兵役を逃れるため、約11ヶ月、このhostelで働く。

兵役も働くことも拒んだ場合、6ヶ月刑務所送りになると聞いた。

兵役システムに抗議するため、ユーホ君の友達で実際に刑務所に入った子も いるらし

い。

いまやとても平和に見えるフィンランドも、隣国のロシアやスウェーデンに戦略され、

何度も戦ってきた歴史がある。




ユーホ君はポスターなどのデザインをしたり、新聞に載せるマンガを描いたりもしていて、

嬉しそうに作品を見せてくれた。

アーティストなんだねって言ったら、すっごい照れちゃって。


兵役システムがいつかなくなるといい、Love & Peace を願うよ。

というユーホ君。つたない英語で一生懸命話してくれた。

私の英語も中2レベルで止まっているけれど、

話したいっていう気持ちが大事なんだと思った。

臆せず、いろんな人の話を聞きたい。自分の思いもちゃんと伝えたい。

私もアニヤやユーホ君を見習おう。




Img_1207


外に出ると、夕焼け空になってた。

Img_1211

22:45

2010年6月25日 (金)

しーん

カトマンドゥ → デリー → ヘルシンキ

怒涛の移動を終え、初めてのドミトリーにドキドキしながらこれを書いてます。



日本、2点入れたね!後半戦も頑張れ!



Img_1111



フィンエアに乗り込んだときから感じていたけれど、

フィンランド、最高に爽やかshine

自動車や人々の話し声も静かで、一歩お店の中に入ると、

まるでミュートがかかってるみたいに、外の音が聞こえなくなる。

陽射しは強いけれども、日陰に入ると寒いくらい。

Tシャツにパーカーを羽織っても凍えてました。



今、こっちの時間で22:45分。

ようやく空が暗くなり始めたけど、まだ青空です。




とにかく今は眠すぎて、北欧に感激するエネルギーもないのが残念・・・


サッカーの応援を終えたら、今日はゆっくり休みます。