無料ブログはココログ

« フルムーン | トップページ | あと二カ国 »

2011年2月22日 (火)

メトロの中で

メキシコシティに戻ってきて、宿へと向かうメトロに乗った。

大きな荷物を抱えて腰を下ろすと


向こうのほうから床を這いつくばってやってくる男の子がいた。

10歳かそれくらいの。

手には靴磨き用のワックスを持ってた。



革靴を履いた人のところへいき

手でワックスを塗り、小さな真っ黒の布で靴を磨く。

そしてこんこんと膝をたたいて小銭をもらう。



床を這いながら、私の前を通り過ぎていきました。




音楽にあふれ、陽気で笑顔いっぱいの国。

それだけじゃないのはわかっている。




これまで働く子供たちをたくさん見てきたし、

目に光のない子供たちもたくさんいた。


でもなぜだか、今日は特別悲しい気持ちになった。




この男の子のために私ができることなんてない。



でもせめて、自分の周りにいる人を、本当に大切にしようと思った。

« フルムーン | トップページ | あと二カ国 »

zf,メキシコ」カテゴリの記事

コメント

”働く子供”ってなんでちょっと悲しい気持ちにさせられちゃうんだろう。
望んでその仕事をしているんじゃなくって、
生きる為の仕事。
仕事に誇りを持っているんじゃなくって、
自分の意思で選ぶことが出来ない仕事。
だからなのかなぁ。
私は、働くことも働かないことも選択している。
これってとっても幸せなことだね。
私も周りにいる人を 大切にしたいと思う。


村田家、ついに大海原への旅立ちを決意。
(とりあえず決意しただけで、まだ具体的なことは決まってないんだ)
いつでも引っ越しできるように不用品をまとめたり、
車を手放す準備をしたり、
せっかく仲良くなった子供たちがとっても名残惜しいんだけど
公文の教室も3月末でおしまいにすることにしました。
ガタガタ言ってたこともあったけど、
沼津での生活も丸3年。
結構思い出ある気がする。
のんびり過ごした3年だったなぁ。

数ヵ月後、どこで何しているかさっぱり分かんないけど、
1度だけの人生、二人ともやりたいことを
もっとやりたいね。って話し合いました。
”安定した生活”じゃぁなくなっちゃうけど、
貧乏になっても友達でいてください。

まだしばらくはココにいるんじゃぁないかなと思うので、
遊びに来てね。

元気そうでよかった!帰国真近で、こちらも楽しみにしています。
蒼太は4月から一年生で、黒のランドセルもらって毎日のように
ランドセルしょって小1年生ごっこしてる。では最後まで気をつけて
旅を続けてね。

元気そうでよかった!帰国真近で、こちらも楽しみにしています。
蒼太は4月から一年生で、黒のランドセルもらって毎日のように
ランドセルしょって小1年生ごっこしてる。では最後まで気をつけて
旅を続けてね。

>まお
 自分が何をするか、選択できる環境にいるのって、すごく幸せなことだよね。欲張りになってどんどん求めてしまうけれど。

 もう3年もたつのかぁ。早いなぁ。
何もかもが全てうまくいくなんて難しいけれど、
まおと暁がこれからどういう方向に向かっていくのか、私も楽しみ。
きっと決意するまでにいろいろあったんだろうね。
話したいなぁ。

 私も帰ったら貧乏な生活。笑
それでも集まるだけで楽しいでしょ♪


>ねえね
 蒼太もいよいよ小学生かぁ!お勉強するんだね。
ぴかぴかの一年生姿を見るのを楽しみにしているね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354979/38971580

この記事へのトラックバック一覧です: メトロの中で:

« フルムーン | トップページ | あと二カ国 »