無料ブログはココログ

« 前言撤回 | トップページ | 雨上がりだったし »

2010年11月20日 (土)

小旅行

日本も、そろそろ紅葉が綺麗な時期ですか?

そういえば、私は毎年神宮外苑の銀杏並木の紅葉がとても楽しみで、

夜勤明けに散歩に行ったり、ランニングで通ったりしていました。



北に行ったり南に行ったり、旅をしているとなかなか季節を感じることができないけれど、

パリで一瞬だけ、秋の気配を楽しめました。

(何せそれまではトロピカルなタンザニアにいたから)

Img_8870

パリに着いた初日は、久々の晴れの日だったみたい。

Img_8918

旅前半のヨーロッパ旅の最中では、大国に行くのが怖くてなぜか行くのを避けてしまった 

パリ。

でも、タンザニアからモロッコへの直行便はなくって

ヨーロッパのどこかで経由しなければならない。

それで選んだのがパリでした。


昔から憧れだったノートルダム寺院と、モネの睡蓮を見れてないことが心残りだったから、

急遽行けることになってすごくワクワクした!

それに、タンザニアの後だったから全然怖くなかったし。

憧れのノートルダム寺院はというと、

内部はそれまで見てきたたくさんの教会と比べると、それほど特別な感じはない。

でも、塔の上から見たパリの景色がとても素晴らしかった。

Img_8905

金ぴかに光る夕焼け時に行ったからかもしれない。

Img_8887

エッフェル塔にも凱旋門にも登らなかったけど、これで、いいね。

モネの睡蓮のために造られたオランジェリー美術館。

楕円形の部屋一面に広がる睡蓮の絵。そこに一歩入った瞬間、圧倒されてしまった。

さらっと歩きながら見て、座ってじっくりみつめて、近くまで行って見て。

他の絵を見終わってからもまた行って、だいぶ長いことその部屋にいたと思う。

絵がすごいとかじゃなくて、モネがすごいと思った。

子供みたいな表現しかできないけど、すごい。

あと、25歳くらいのときに描いたピカソの絵も良かった!

遠くから見て、お、あれいいな、と近づいてみたらピカソで。

こんな素人目でもそのすごさがわかってしまうんだから、やっぱりピカソは天才だ。

何がこう惹きつけるのか、本当に不思議。

でも、絵には人それぞれ好みがあって、

その画家がいいなと思った場面や、人の表情、色や雰囲気に共感できたものを、

いいと思うのかな~と考えた。

そして、そのいいと思ったものを、どうやって表現するかが難しい。

(写真も一緒だってかなちゃんが言ってた)

だって、たまに なんでこの人、こんな景色や顔を描きたいって思ったんだろう?

って疑問に思う絵もある。 

えらそうなことを言ってごめんなさい。

でもそう考えると、絵ってすごく人間臭くて面白い。




オルセー美術館は、急ぎ足で回ったせいか、モネの部屋をすっ飛ばしてしまったみたい。

ルーブルは休館日でした。

私たちがパリを出る2日後に、シャンゼリゼ通りのクリスマスイルミネーションが始まる

らしく、その準備が始められてた。

通りの両側には、クリスマスグッズや防寒グッズを売るお店が開店準備で大忙し。

Img_8960

夏のクリスマスin アルゼンチンはどんな感じなかな~♪

« 前言撤回 | トップページ | 雨上がりだったし »

y,フランス」カテゴリの記事

コメント

初めてお邪魔しまーす!お元気?
ハガキありがとう☆
サファリの臨場感、私も味わいたい!!!!
仕事やめたら絶対サファリ行くと決意した★
ちなみに、今年はマレーシアの熱帯雨林にオラウータンを見に行ってきたよ。毎日ジャングル探検だったよ。。

ゆうぴい、日本の動物園にもしまうまいるからね・・・笑

気をつけて、充実した旅にしてねー!!

>やんま
 熱帯雨林!?オラウータン??すごいとこ行ってきたねぇ。
夏休み休暇でそこをチョイスするやんまぁ、素敵だわ♪

 シマウマ、いるんだね・・・笑
じゃあ初めてじゃないかも。

コメントありがとう!うん、気をつけて旅しま~す♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354979/37750913

この記事へのトラックバック一覧です: 小旅行:

« 前言撤回 | トップページ | 雨上がりだったし »