無料ブログはココログ

« holidays for holidays | トップページ | 新しい土地へ! »

2010年9月27日 (月)

トルコご飯

小さい頃から料理に興味をもち、大学生時代はレストランのコックとして腕を磨いてきたジミニ。
毎日毎日美味しいご飯を作ってくれました!

Img_5975

朝食から豪華です。

Img_5971
トルコではまず、スープを最初に飲んでから、次の食事を食べ始めるのだそう。
チキンスープやヨーグルトのスープ、トマトスープ。どれも間違いなく美味しい!
サラダにはレモンをしぼってかけただけなんだけど、他がヘヴィーなのでちょうどよい。
オリーブとチーズも欠かせません。そしてチャイもね。飲み終わると、どんどんお代わりを注いでくれます。

Img_5978
この日の朝食はチキンのパプリカソース煮

外で遊んで帰ってきたあとも、ぱぱっとオリジナル料理を作ってくれました。
パイ生地のようなものに、チキン、たまねぎ、ヨーグルトソースを包んでオーブンで焼いたもの。

Img_5967
夜中の1時!でも美味しくて2切れも食べてしまった~。
(ちなみに壁掛け時計の写真は建国の父、アタチュリュク氏)

私のために中華風麺も作ってくれました。


外で食べたのは

Img_5868
ブルサ名物イスケンデル・ケバブ。お肉の下にパンが隠れていて、ヨーグルトと一緒に食べます。

屋台で売られているココレッチ。

Img_5876

羊の内臓(腸かな?)を焼いて細かく砕いたものを、パンにはさんで食べます。これは好き嫌いが分かれるかな。
 トルコはEUに加盟するのを希望しているんだけど、もし入りたいならココレッチを売るな!と言われているんだって。なぜなら、ヘルシーではないから。
冗談かどうかはわかりませんが。

食堂で食べたご飯。

Img_5921
右はブドウの葉でピラフを包んだヤブラック・ドルマス。左は取り放題のサラダで、野菜盛りだくさん!

初めて淹れたトルココーヒー。

Img_6035

出来上がったときに、表面にきれいな泡が残っているのが成功で、お嫁にいくときにこれが重要なのだとか!

私は失敗に終わりました・・・まだまだ修行が必要です。

昨夜、私のために、トルコの伝統菓子バクラバを作ってくれジミニ。

Img_6045

Img_6053

家を出る前、タッパーにいっぱいバクラバを詰めて渡してくれました。
トルコでは、旅立つ人に食べ物を持たせるのが伝統なんだよ、と言って。


ジミニのお姉さんレマンも、友達も、みんな私に「YUKO、食べて食べて」
とどんどんご飯をすすめてくれます。レストランに入っても全部おごってくれたり。

みんな私より若者なのに、妹のように甘えてしまいました。
最後のほうは私も遠慮しなくなって、「残りのチーズケーキが食べたい!」とか
夜中に「おなかすいた~」とか言って、本当に食いしん坊だね、と笑われましたが。

どれも美味しくて、お腹一杯でも、もっともっと!と食べたくなっちゃうから不思議です。



ブルサでの最終夜は、またジミニ、レマン、レミ、私の4人で、テラスでワインを飲みながら笑いあったり、最後のほうは戦争の話をして涙ぐむジミニの姿を見たり。
寒くなって中へ入ると、クローゼットの整理が始まり、なんでこんなの買ったの~とかこれを着るにはやっぱりダイエットしなきゃ・・・とか言いながら、女の子だけの楽しい時間。

彼女たちが着なくなった、長袖シャツと、薄手のデニムをもらっちゃいました。笑

本当に、もらってばかりの私。
ブルサのフェリー乗り場へ行くときも「あなたのお金をこれからの自分のために使うべきよ。」と言って、バス代をさらりと出してくれたジミニとレマン。



いつか、いっぱいいっぱいお返しができますように・・・・・・





そんなこんなで、今夜イスタンブールに戻ってきました。馴染みのホステルで安心。
明日、ヨルダンに向けて飛びます。

以前はすごくナーバスになっていたけれど、トルコでいっぱいエネルギーをつけて、
今は砂漠地帯を歩く気満々!!熱射病と脱水には気をつけていってきます!


Img_6044

(梅干おにぎりを作って食べた♪ジミニは気に入っていたけれど、レマンとレミに微妙だったよう・・・)

« holidays for holidays | トップページ | 新しい土地へ! »

r,トルコ」カテゴリの記事

コメント

さっきHOTMAIL宛にメールを送ったんだけど、
無事に届きましたか?
ちょっと心配になったのでコチラにも書き込み。。

今、
いただいた鳥ハツを どう調理したらいいものか困っていて
ネットに教えてもらっていました。
どうも普通に煮ればよいようですが・・・
焼鳥屋さんなどで食べるときは、気にならなかったのに
生のものを目の前にすると
形も色もなんともグロテスクで・・・
勇気を持って今夜トライでしてみます!

村田家は、最近夫婦で江の島ばっか出没しているからか
宿泊者がいなくって・・・
ちょっと寂しい。
来週、舞ちゃんが沼津に出張のようで
もしかしたら夕飯食べに来てくれるかも・・・って期待中。
お客様ってウレシイですね。
いつまで沼津に住んでいるかは分からないけれど、
帰国したら遊びに来てね。

まお

>まお
 メール、ちゃんと届いてたよ。ありがとう。

 ハツかぁ。生は私もみたことないなぁ。どう?美味しく料理できた??
あー、焼き鳥と生ビール・・・・ゴクン

 江ノ島に行くと、ヨット仲間にはいっぱい会えるんじゃない?まだまだシーズンだもんね。でもほんと、まおがまたヨットに燃えてるなんて。先に何が起こるかわからないね! 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354979/36948179

この記事へのトラックバック一覧です: トルコご飯:

« holidays for holidays | トップページ | 新しい土地へ! »