無料ブログはココログ

« Dear 親友  part2 | トップページ | 前に前に »

2010年8月 3日 (火)

旅再開

オーストリアにいた日数を数えたら、なんと15日でした。

ヨーロッパに入ってから急ぎ足で旅をしていたから、

オーストリアに入ってからよしっ急ぐのやめよう!って心に決めたとたん、

気づかないうちにこんなにのんびりしちゃってた。

自分でも驚いて、何度も指折り数えてしまったよ。




今、クロアチアのザグレブにいます。

昨夜はほとんど寝てなくて気持ち悪いほど疲れてるけど、

あと3時間しないとhostelにチェックインできない・・・パソコンだけ使わせてもらってます。



ウィーン ー ザグレブ 間のバスチケットを買ってから気づいたんだけど、

到着時間が23:40

しまった!と思った。

ザグレブは治安がいいって書いてあったけど、さすがにその時間に宿を探すのは嫌。

とりあえずバス停近くのhostelの場所だけメモしといて

あとは行ってから決めようと思ってたんだけど、前日になって怖くなる。

あわてて予約をしようとネットで検索してみると、30ユーロ以上する宿しか載ってない!?

う~ん、困ったよ。ユースホステルに電話してみるけどつながらない。

ドキドキ ドキドキ

急に緊張が高まって胃がきゅ~って痛くなる。

どうしよう。夜中はレセプションが閉まっている宿も多いし。


そうこうしているうちに、バスの時間になってしまう。

もう行くしかない!

バスの中で同じような旅人を探して、その人と一緒に宿まで付いていこう。



ザグレブ行きのバスの前に行くと、バックパッカーらしき人は一人のみ。

あとで声かけてみようか。



久々の長距離移動バスの中も、緊張と不安でいっぱいだった。

まだまだ小心者だな、私。

ガイドブックも何も持たずに、初めて訪れる国。

フィンランドからバルト三国へ入るときの気持ちが蘇った。

ドキドキ ドキドキ


ウォークマンで日本語の歌を聴きながら、すごくセンチメンタルになったりもした。

気持ちが張り詰めているときって、いろんな感情に対していつもより繊細になる。



途中のトイレ休憩のとき、もう一人のバックパーカーの男の子が声をかえてきてくれた。

香港出身のヘンリー君。

宿を予約している?と聞くと、ううん、何も決めてないよ、と。

おぉ!じゃあ宿探し、一緒について行ってもいい? うんうん、おっけー!



仲間ができて、やっとほっとした。

一人でいることとそうじゃないことって、気持ちの余裕がこんなにも違うんだなぁ。




そして国境越え!

フィンランド入国時以来のスタンプ!

Img_3051

やっぱりこれがないとね。

エストニアからオーストリアまで、パスポートノーチェックで来たから物足りなかったんだ。

ドキドキ ワクワク



ザグレブのバスステーションに着くと、

ヘンリー君は朝のバスでドブロプニクに向かうことにするよ、と。

それじゃあここで朝を待とうか。


すごく大きなバスステーションで、カフェも銀行も郵便局も、インターネットカフェもある。

私たちはそのネットカフェの隣のソファで休むことにした。

先客の女性が一人。クロアチア人のベティさん。

すごくフレンドリーな人なんだけど、話出すと止まらない・・・

こりゃあ眠れないぞ。

以前はプーラという海沿いの街に住んでいたけれど、ご主人が6年前に亡くなって、

今はボスニアに住んでいるらしい。

いろんな話をしてくれたのに、眠くて相槌打つだけで精一杯。ごめんなさい。

でも何でも包み隠さず話してくれるから、よく知らなかったジプシーのことや

ユーゴスラビア時代のことを質問したりした。

それもあまり覚えてないんだけど・・・

それぞれの国に分かれた今の方がずっといいって言ってた。

それと、ベティさんはボスニアのことが好きじゃないらしい。悪い国だよ、と。

理由もいろいろと教えてくれたのに、ぼんやりとしか思い出せないなぁ。

もったいなーい!


朝になるとヘンリー君はドブロプニクへと出発し、

ベティさんがカフェでコーヒーをおごってくれた。

それにSobeという民宿まで一緒に探してくれた。

ちょっとお高めでそこに決めることはできなかったけど、それでも全然咎めない様子で、

駅までの道を教えてくれた。

Img_3052

不思議な人だったなぁ。一体何者なんだろう。

4年前にジプシーに騙され家を買ってしまい、一文無しになったという。

しかもその家には他の人が住んでいて、お金だけ取られちゃったんだって。

その怒りをぶつけた写真つきの新聞記事を持ち歩いていて、私にも見せてくれた。

それと、一年前に発行されたザグレブのフリーガイドブックもくれた。


睡眠不足で吐きそうなくらい頭がぼーっとしてるから、今はちゃんと考えられない。

ベティさんはいい人なのか!?

うーん。

きっとどの人も、いい人、悪い人 の二種類には簡単に分類できないんだろうなぁ。


でもベティさんのおかげで、あとヘンリー君も、

安心して休める宿までたどり着けることができました。


昨日の日焼け止めも落としてないし、汗だくだし、身体ぼろぼろだけど、

今 「旅」 してるって感じ。




クロアチアで何が待っているのでしょう。

« Dear 親友  part2 | トップページ | 前に前に »

l,クロアチア」カテゴリの記事

コメント

ちょっと~はらはらどきどき!!
無事でしょうね~?
私は一週間の夏休みから戻ってきました。東京は暑い。
北海道に青森の気温の変化や、枕が変わったからか頭痛に悩まされました。蒸し暑い東京ですが我が家に戻ったらすっきり!不思議なものです。そして、ユウのことを心配しちゃったよ。体調は大丈夫なのか、眠れるのか・・・でも、どこでも爆睡できるユウだったなあと・・・さすがに一人旅では難しいか?疲れたらとにかく寝ること!!病は気から、寝て治せ!!

>あき
 おかえり~。美味しいものいっぱい食べてきた?あーちゃんも大移動で大変だよね。
 私はすこぶる元気だよ!
本当にどこでも寝られる図太さに感謝です。でも、バスや電車の移動中にも寝てしまうことが多くて、せっかく綺麗な景色が広がっているのにもったいない・・・

ひさしぶり♪
旅がめっちゃ進んだねぇ。
たくましいな。
本屋さんやテレビで「世界の絶景」やってると私も絶対に見ちゃう!!
それを生で優子は見れているんだもんね。
匂いや味まで肌で感じられて、贅沢!

私はこないだまで志摩~鳥羽~伊勢と三重県を回ってきたよ。
観光地なんだけど、街はとってものんびりしてた。
”美味しいものが食べたい”って探してみたけど、
意外と出会えなかったり・・・
東京での食を知ってしまっているとなんだか物足りなく思っちゃうのかなぁ。
盛り付けとか店の雰囲気なんかがね。
沼津に住んでから、日本の地方格差や田舎ってことを
考えちゃうようになりました。
みんな何して働いているのかなっとかね。

とはいっても、伊勢神宮は、さっすが!
古から変わらないたたずまいは、出雲大社も好きだったけど
また違った魅力がありました。
20年ごとに全てを立て替えて、まっさらな新しいものにしているはずなのに
昔を感じちゃう。どうしてなんでしょう。

報告遅くなっちゃったけど、
暁がヨットで全日本の出場決まったよ。
関東選手権16位/70艇(全日本出場権取得済みを除くと8位)だって。
全日本は11月に兵庫県で開催されます。
5日間だから会社を休まなくちゃいけなくって、難題。
暁は、”休むなら会社辞めろって言われたら辞めてやる!”
って鼻息荒かった。
村田家、無職になるかも・・・・

まだまだ私たち20代。
将来の安定を探し求めるよりも
やりたいこと思いっきりやって、楽しまなきゃね。
優子見てて、そんな風に思えました。
ありがとう。
あぁ!急に優子に会いたくなってきたぞ!

>まお
 伊勢神宮いいよねぇ!私も大好きな場所。そしてこの旅に出る前、唯一一人旅した場所。
確か特大の穴子天ぷらを食べた気がするなぁ。うん、おいしかった!

 暁すごいじゃん!どんどん登りつめていく感じだねぇ。おめでとう!!!
 365日分のたった5日を休めないなんてひどい!それで大事な人材を失ってしまうんだから、それは会社にとっても痛いと思うんだけど・・・
説得がんばれっ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354979/36013573

この記事へのトラックバック一覧です: 旅再開:

« Dear 親友  part2 | トップページ | 前に前に »