無料ブログはココログ

« やっと半袖で過ごせるようになりました | トップページ | 旅再開 »

2010年8月 2日 (月)

Dear 親友  part2

-The straight is alien to mankind-
                                       F.Hundertwasser



 
 ウィーンに来た目的の一つ、それはHundertwasserの建築を見ること。

彼のことを知ったきっかけは、チェコのマリオネットと同じく、親友が彼の建築が大好きだったから。きっと見てきたよ~って言ったら、また大興奮しちゃうよね。
代わりに見てきたよ!

 彼の名前だけ忘れないでおいて、あとは何も知らなかった。どういう建築でどこにあって、どうしてそういう建築を作ったのか。

 ウィーンに来る前にちょっとだけ調べて知ったのは、

もともと彼は画家であり、世界中を旅しながら絵を描いていたということ、

自然と共に生きる暮らしに感銘を受け、その思いを絵にぶつけたということ。

そして彼の才能は絵画の世界のみにはとどまらなかったのだということ。

自然の中には直線は存在しない。

自然をこよなく愛した彼は、建築の中にも曲線を多用して、自然との共生を理想とした。


彼の人となりを知って、少しずつ楽しみになってきた。

まずはミュージアムのあるKunsthausWienへ。
路地を曲がると一角だけ木が鬱蒼としているから、すぐにそれだと気づく。
Img_2875

本当に奇抜な建物!
だけど、不思議と街になじんでる。

Img_2880

Img_2953

窓から木が飛び出てますね!?

中へ入ると、床も階段もぐにゃぐにゃ~

Img_2886


カフェも緑いっぱいで気持ち良さそう!

Img_2889


それから、公営住宅になっているHundertwasserhaus

Img_2920
一般の人が住むアパートだから中に入ることはできなかったけど、
外から眺めるだけでも十分面白い!

Img_2909

緑と水と。

Img_2917
あればこんなに気持ちがいいのに。どうしてそんな簡単なことを忘れてしまうんだろう?


お隣にあるHundertwasserVillageは、上から撮った写真を見るとほとんど森。
カフェの椅子も全部形が違って個性的。

Img_2926

Img_2925

トイレの中までアーティスティック!
Img_2931

Img_2937

まるで遊園地の中にいるみたいで、おばさんやおじさんまでも楽しそうにしてました。

確かにとても奇抜な建物だけれど、HundertWasserの暖かさが伝わってきました。
ただ外観を見るだけじゃなくて、中身を知ることってこんなにも重要なんですね。

教えてくれてありがとう。
お土産買ったからね~!楽しみにしててね~!

 

« やっと半袖で過ごせるようになりました | トップページ | 旅再開 »

k,オーストリア」カテゴリの記事

コメント

16年前に行ったオーストリアにゆうちゃんがいるなんて
懐かしい気持ちで楽しく読んでます。宮殿も、クリムトも
ザルツカンマーグートもすべて行ったよ~もちろんお決まりのザッハトルテも。出発前に食べられるといいね!ではくれぐれも気をつけて旅を続けてね。

>かおり
 そうなんだ~。全部行ったんだぁ!知らなかったよ。オーストリア、すごくいいね。
 ザッハトルテも食べることができました。
きっと16年前と変わりないんだろうな~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354979/35990259

この記事へのトラックバック一覧です: Dear 親友  part2:

« やっと半袖で過ごせるようになりました | トップページ | 旅再開 »