無料ブログはココログ

« 幸運が空から降ってきた | トップページ | やっと半袖で過ごせるようになりました »

2010年7月29日 (木)

30年後にまた来るよ

計6泊したザルツブルグともとうとうお別れ、これからウィーンに向かいます。

オーストリア、貧乏バックパッカーには酷な国・・・
ザルツブルグからウィーンまで、2時間半50ユーロ。
誰に聞いてもバスでは行けないって言うし。
ザルツカンマーグートを巡るバスも、いちいち高かったなぁ。

一番安いホステルに泊まるってのは当たり前だけど、
そういうとこは大抵駅からちょっと離れてて。
インフォのお姉さんに行き方を聞くと、何番のバスに乗ってね、と言われますが、
バス代を節約するため、2~3キロの距離なら地図片手に歩きます。
たまに無賃乗車もしてしまったけど、ドキドキしながら乗ってるのも心臓に悪いからねぇ。


ポーランドやフィンランドでも、10キロ越えのバックパックをしょったまま、1時間くらいはざらに歩いてました。
まぁ最近太り気味だし、これくらいのエクササイズは必要だね!

テニス、弓道、ヨット、看護、バックパッカー・・・
10年以上かけて培われた腕・肩筋はさらにたくましくなるばかり。


さてさて昨日のコンサートですが、美帆ちゃんが言っていたとおり、
ゲストたちの豪華さに圧巻されて、私ここにいていいのかな・・・という感じでした。

コンサートに出かける前から雨が降り出して、どうやって行こうか考える。
いまさら傘を買うのも悔しいけど、せっかく買ったワンピースと靴が濡れちゃうよぉ。
ってことで、ワンピースの上からカッパを羽織り、
足元はビーサンでコンサート会場までダッシュ!
近くまで行ったら、暗めの屋根の下で靴を履き替え、カッパをしまって、何食わぬ顔で会場入りしました。

何食わぬってのはうそだな。
私ってちょっとみすぼらしいかもって思いながらだな。

コンサート開始前、豪華なホールでシャンパンを飲みながら開始時間を待つひとたち
しゃきっとスーツを着こなすダンディーなおじさまと、ドレスアップしたおばさま

Img_2756


入り口に立つ会場スタッフの目が痛い・・・
私にはまだまだ早かったかなぁ。


私の場所は10ユーロで立ち見だったけれど、それでも私には十分すぎるようでした。
でもせっかくだから、楽しんだよ!
一流の中の一流のクラシックを聴ける機会なんて、そうそうないもんね。

ザルツブルグの街で出会った林さん(指揮を勉強しにきていた)
に影響されて、指揮者の人に着目して見てみました。
おじいちゃんなのにぽんぽんはねて、踊ってるみたい。
体で音楽を表現することってすごい!って思った。
何の楽器も持たないのに、その人の体から音が出てきているみたい。
でも、指揮者のリズムの取り方って独特じゃないですか?
私にはどうやったらその動きでみんなの音がそろうのか、うーんわからない。。
教えて、林さん!

ヨーロッパに来てからなぜか音楽漬けの日々だけど、
おかげで良いものをいっぱい吸収できた気がする。

“感性を豊かにする”ってことは、旅のテーマの一つ。
仕事復帰したら、吸収した良いものをしっかり役立てよう。


ウィーンに行ったら、絵画のほうにも目を向けたいと思います。
晴れてね、ウィーン!

« 幸運が空から降ってきた | トップページ | やっと半袖で過ごせるようになりました »

k,オーストリア」カテゴリの記事

コメント

いらっしゃ~ぃ!
ウィーン西駅脇の青島飯店です(笑

ウィーンは治安が良いとはいえ、スリ・置き引き・ニセ警察がいます。ご注意下さいませ。

ウィーン美術史美術館やクリムトの接吻の絵があるベルベデーレ宮殿上宮の美術館などは、観光のお薦めです。
健康にも気を付けて、良いご旅行をどうぞ!

>ウィーンの高崎さん
 早速のコメントありがとうございます!リンクに貼っていただいたウィーン情報、役立たせていただきますね。
また街中でばったりお会いできたら嬉しいです!今日はベルベデーレ宮殿に行ってきまーす♪

優子さん、こんにちわsun
先日、中華料理屋さんでお会いした女です(笑)

素敵な旅行の日記・・・読みいってしまいました。

おからだご自愛くださいね!

次回どこかでお会いできるのを楽しみにしています。

>律さん
 コメントありがとうございます!お会いできてとても嬉しかったです。音楽、何を専攻にされているんですか?
 ウィーンはあと二日ですが、思いっきり楽しみたいと思います。またどこかでお会いできるといいですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354979/35949043

この記事へのトラックバック一覧です: 30年後にまた来るよ:

« 幸運が空から降ってきた | トップページ | やっと半袖で過ごせるようになりました »