無料ブログはココログ

« 6月3日にさかのぼって | トップページ | バラナシが好きになりそう。 »

2010年6月 7日 (月)

民家に潜入

インドに来てから、ちょうど良い温度の部屋にあたらなくて困ってしまう。

今までは、部屋にエアクーラー(エアコンの一歩手前のやつ)があっても、

ただあったかい空気が流れてくるだけで全然涼しくならず、

何度も宿の人ともめたのに。

ここでは寒すぎて、長袖を着、寝袋にくるまって眠った。

このエアクーラー、温度調節ができない・・・ON/OFFのスイッチがあるのみ。


さてさて、

昨日はガンガーをボートで渡り、

バラナシの対岸にある、ラームナガル城へ行ってきた。

ボートが岸辺に着くと、乾いた砂地まで1m30cmはありそう・・・

足の長い欧米の人たちはジャンプしてなんなく渡ったけど、

もし失敗して水が全身にはねるなんてことは絶対無理!

ってことで、そーっとそーっと足を河に浸け歩いて渡った。


私の足は、確かに聖なる水に清められました。

ラームナガル城は、ガイドブックにも載っている通り、見るべきものはほとんどなし。


Img_0427


いくつかお祈りする場所があって、

そこにいたおじいさんから何やらヒンドゥー教の教えを説いてもらい、

額に石灰のような白いお印をつけてもらった。

インド人の80%が属するヒンドゥー教に触れることで、

ほんのちょっとでもインドの文化を理解できるといいな。


バラナシに戻ってから、疲れた身体を癒そうと、エステ探し♪

日本語を話す男の子に連れていかれた先には、普通の民家が。

裸で寝ていたお父さんのベッドでやるの!?

さようなら


路地を彷徨っていると、面白い顔のおじさんがいたチャイ屋へ到着。

休憩休憩。

Img_0445_2


Img_0448

耳の大きな大きな穴にピアスをつけている種族の方々。

私の前に座っている人が、どうやら村長さんらしい。



また歩き出すと、理容室のドアにエステの文字が!

とりあえず入って休む。

Img_0451

この理容室の兄さんのママがグッドマッサージなんだって。

どっかから出てきたおばちゃん(多分通訳係)に連れられ、

ママの待つお家へ向かう。

そこもまた普通の民家!

本当にいい経験になります。

廊下で寝ているおばさんおじさんを避けながら、急な階段を上る。

二階で待ってました。ママと多分その娘と子供。

硬い床の上にぺらっと布が敷かれ、

全部脱いで横になりなさいと(通訳係の)おばちゃんは言って去ってしまった・・・

マジですか。ここにですか。

さすがにパンツだけは脱げなかったけど、

もうどうにでもなれ!!!という気持ちで横になる。

ん・・・意外とこれなら涼しくていいな。

慣れってすごいわ。

言葉が通じないから、かなちゃんが身振りで優しくね、って伝えようとしたんだけど、

それが間違った解釈となり、

ママとその娘はただひたすらぎゅっぎゅっと私たちの身体をつまんでいるだけ。

自分たちのほうが絶対うまくできるよね、これで商売できるね

なんてことを言いながらかなちゃんと二人、もう身を任せた。

マッサージが終わりドアを開けると、子供たちがわぁっと入ってきた。

Img_0459

この子のすぐ隣で横になる。

Img_0463


マッサージwas not good , but good experience!!!

« 6月3日にさかのぼって | トップページ | バラナシが好きになりそう。 »

b, インド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354979/35128130

この記事へのトラックバック一覧です: 民家に潜入:

« 6月3日にさかのぼって | トップページ | バラナシが好きになりそう。 »