無料ブログはココログ

« 民家に潜入 | トップページ | ドースト=友達 »

2010年6月 7日 (月)

バラナシが好きになりそう。

初めてバラナシを一人歩きした。

慣れてきたとはいっても、

狭い路地を歩いているときにジロジロと見られると、

あー怖いな、もう帰ろうかな。と思ってしまう。

ヴィシュワナート寺院へ行くには、そんな路地をさまよわなければならない。

ライフルを持った警官に、寺院はどこから入るのかと尋ねると、

ツーリストはここから入れない、あっちの道をぐるっとまわってこい、

などと言われ、なかなかたどり着けない。

諦めかけたとき、ツーリスト用の入り口が見つかり、

荷物を預け、サンダルを脱げと言われて、

裸足でぺたぺたと寺院への道へと入っていった。

いくつかの寺院があって入ろうとすると、入り口に座ってるおじいさんに、

だめだだめだ、その看板を見なさいと言われる。

ヒンドゥー教の人しか入れないのか。

それでそこらへんをうろうろとしていると、

声をかけられ、入りなさい、という身振りをしてくる。

本当にいいのかな、と恐る恐るアンナプルナ寺院へ。


そこでは敬虔なヒンドゥー教徒たちが、真剣な眼差しで神に祈りを捧げていて、

私だけが、その世界で浮いているような気がしてしまう。


おじさんに手招きされついていくと、

額に白い印をつけられ、私と家族の幸運のために、

と赤と黄色の紐を腕にまきつけてくれた。 10ルピー

そしてシヴァ神を祀るヴィシュワナート寺院へ。

ツーリストは私と、おそらく麻薬をやってハッピーになってる欧米人しかいなかった。

野生の猿にびびりながらぺたぺた歩く。

そこでもまた胡散臭いおじさんに呼び止められ、

オレンジの印をつけてもらい、お清めの水を髪にかけてもらった。

ダンニャワード(ありがとう)

と頭を下げその場を去ろうとすると、うちの妹と話していかないか、と言う。

私が何にも言わないうちに、妹を呼び出してしまった。

出てきたのは、無邪気に笑う、とても綺麗な子。

こっちへおいで、と呼ばれ、寺院内の小部屋へ入れてもらった。


彼女の名前はアンナプルナ。

さっき行った寺院と同じ名前だ!

二十歳で、ヴィシュワナート寺院の敷地内に家族で住んでいる。

ボーイフレンドは空軍に入っていて今月インドに帰ってくるの、と照れながら話していた。

インドの女性は20から22歳くらいで結婚するのが普通らしく、

あなたもその彼と結婚するの?と聞くと、しないわよ、と笑っていた。

多くのインド人女性がやっているように

彼女の左腕にもヘナが施されていたので、素敵だね、と言うと

またうれしそうに家の中へ入っていき、ヘナの材料を取ってきて、

なんと私の右腕にヘナを書いてくれた!

どんどん綺麗な模様が描かれていって、とても見事。

どう?気に入った?と聞いてくる彼女の瞳がキラキラしてて、吸い込まれそうだったなぁ。

最後の仕上げに、彼女の家へ入っていって、色を定着させるためのオイルみたいなものを

塗ってもらった。


彼女もその家族もきれいな身なりをしていて、

お家の中も貧しいような感じはなかったけれど、

バラナシの、その寺院の周辺だけが、彼女の世界なのかもしれない。

だから、こうやって外から来たツーリストと話したりするのが楽しみなのかなぁ。

ヘナをやってもらっている最中、

正直なところお金を要求されたらどうしようかな、と悩んだ。

でもそんなことは全然言わずに、ただ私が喜ぶのを嬉しそうに見ていただけで。

そんなことを考えてしまった自分が嫌になってしまう。


友達を連れてまたおいでよ、っていう言葉も、本当にそのままの意味なんだよね。

何かお返しがしたくって、でもかばんを預けちゃったから何にもなくて。

ごめんなさい。

出発前に舞たちからいただいた、ラッキーチャームの付いたブレスレット、

毎日腕にはめていたんだけど、アンナプルナにプレゼントしました。

何か、私も気に入っていたものをあげたくて。

きっと彼女なら大事につけていてくれると思うから、許してね。

バラナシにいる間、もう一回アンナプルナに会いたいなぁ。

今、幸せな気持ちでいっぱいです。


Img_0468

« 民家に潜入 | トップページ | ドースト=友達 »

b, インド」カテゴリの記事

コメント

うわぁ。いい出会いだなー。そこにバラナシにあのブレスレットをつけたかわいい子がいると思うとすっごくステキです☆やっぱり旅には出会い、だね。

>mai
 せっかくいただいたのに、二週間弱で手放してしまい、ほんとごめんね。でも、あのブレスレットが、またいい出会いをつなげてくれたんじゃないかなぁ、と思うよ。
 ありがとう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1354979/35128227

この記事へのトラックバック一覧です: バラナシが好きになりそう。:

« 民家に潜入 | トップページ | ドースト=友達 »